使い続けていくためには|大切なロレックスは修理で完治|時計のお医者さん

大切なロレックスは修理で完治|時計のお医者さん

使い続けていくためには

腕時計

メンテナンスが必要です

高級腕時計ロレックスは、世界中で人気があります。デザイン、機能性、耐久性にすぐれ人々を魅了し続けています。耐久性をほこるロレックスですが、末永く使用していくためには、定期的なメンテナンスがかかせません。時計内の潤滑油は、パーツを円滑に動かすために、定期的に新しく交換する必要があります。潤滑油は、使用しているうちに揮発して量が減り、時計の内部ではパーツが組み合わさって動いているので、どうしても汚れてきます。そのまま使用していると、パーツの摩耗が進んで、本来の機能を保てなくなります。また定期的なオーバーホールを行うことで、初めて分かるようなトラブルもあります。ロレックスをいい状態のまま使用していくためには、オーバーホールする必要があります。

適切な期間は

オーバーホールでは、時計の分解、洗浄、パーツの交換、新しいオイルの注油、タイミングの調整、ケースの研磨が行われます。ロレックスをいい状態のまま使い続けていくためには、このような定期的なオーバーホールが必要なのですが、オーバーホールの適切なタイミングは3年から4年になります。新品で購入した時計の場合は、必ず、3年以内にオーバーホールすることをおすすめします。時計の内部はパーツが組み合わされて構成されています。新品のときは、パーツに小さなバリなどが残っていおり、時計が動いているうちに、そのバリが取れて潤滑油に混ざります。新品のものほうが、潤滑油は汚れやすくなります。車の慣らし運転と同じようなものです。